焼きボタン と 三田牛のお刺身

 11月7日(日)、前日の、三田市千丈寺湖、NTTドコモ企業の森 の除伐作業での実技指導に続き、ハイキング部の旧福知山線廃線跡ハイキングに行ってきました。 
 
 風邪気味なのに、朝起きると、気分が良くて、行ってしまいました。

 3日に、嫁さんと行ったので、今週2回目です。
 
 JR尼崎駅集合組と生瀬駅直行組とで総勢11名、10時20分位の生瀬駅スタートになりました。

 駅前には、小旗を持った団体さんをはじめ、我々も含めて、結構ハイカーがいたのですが、歩き始めると、思ったほど前が詰まらず、早めに廃線跡にたどり着きました。

 朝、家を出がけに、ぱらぱらと小雨が降ってきたので、天候が気になっていたのですが、雨はなさそうです。

 3日に来た時からは、それほど日にちが経っていませんが、渓谷の岩壁、
廃線跡周囲など、見た感じでは、色つき始めた木々が多くなったように思います。

 やはりシーズンなのでしょう、ハイキングコースに入ってみると、沢山のハイカーで、埋まってます。

 歩き始めは、道幅も狭く、マナーとしても、無理に追い越しは出来ません。 
 
 それでも、先を譲ってくれる団体さんやら、トンネル入り口前で写真を撮っている人達を追い越して、先を行きました。

 やまいもの葉がいたるところで見られ、コース沿いの木々に上っています。
 時々ですが、むかごも残っているのがありました。

 時折、薄日も差して、風もなく、適度に汗が出て、寒くもなく、歩くには絶好です。

 錆びた鉄橋の脇の、いつ朽ちるのか、幅の狭い錆びた鉄板の上を、歩いて川を越えます。
 もし、この上が歩けなくなったら、一端下の河原に降りて流れを渡り、この岩場を上って来ないといけないのか、等と思いを巡らせ、鉄橋に残った枕木を横目に、歩を進めました。

 廃線跡の武田尾側に抜けたのは、11時30分位。
 少し歩いて、河原に下りて昼食にしました。
 
 
画像


 
画像


 ここで見つけた、地味な虫です。テントウムシでしょうね。

 
画像


 
画像


 
画像


 腹も落ち着いたところで、武田尾に向けて出発し、後は、古い、風情のある旅館の前を散策し、足湯に入れたら入って帰ろう位に考えてました。

 ところがです、温泉橋の手前に、ちょっとした短い通りがあって、袋に椎茸や小芋を入れて、店頭に並べてある店が有ります。
 最初は、その椎茸や小芋に気を取られていたのですが、見れば、店の中には、何やら食事をしているお客さんが何人かいるのです。

 小鍋を向かい合わせでつついてる夫婦やら、注文した物が出てくるのを待ってる風の人とかです。

 それだけなら、特になんと言うことは無かったのですが、その店の中を、
ホワイトボードに手書きしたメニューを掲げて、持ち歩いてるおねーさんがいて、たまたま、我々が、そのメニューを見てしまったのです。

 焼きボタン 700円 三田牛の刺身 800円

 ”焼きボタン” て何や? と一瞬思いながらも、場所柄、イノシシの肉であることを理解しましたが、ボタンは鍋やろ、との思いとは裏腹に、ここに来て、
これを喰わずに帰るのは、一生の不覚、とばかりに、店内突入しました。

 11人の大所帯故、14時からの予約客が来るまでと言う約束の下、店の奥のテラスに案内されました。

 少ししてから、例のホワイトボードを掲げて、おねーさんが注文を聞きにやって来ました。

 気になる焼きボタン、一人前の量は、一皿に5枚くらい載ってきますとの返事。
 三田牛の刺身も、値段のわりには、量が有るらしく、5皿、5皿づつを注文しました。
 残念ながら、三田牛は、3皿分しか取れないからと、断りがはいりました。

 まず、焼きボタンが登場しましたが、皿を覆うようにレタスが何枚か敷いてあって、その上に焼きボタンが重ねて載ってます。
 さらに焼きボタンの上には、炒めたニンニクの芽が載っていて、スダチが添えられてました。
 
 スダチをかけて、ニンニクの芽を添えて、レタスでくるんで食べるのだそうです。

 初めて食べる焼きボタンは、やわらかく、スダチが効いていて、思ったよりあっさりしていて、レタスともなじんでおいしかったです。

 遅れて出てきた三田牛、白い皿に、サシの入ったピンクに近い赤味が鮮やかです。
 ショウガを付けて醤油で食べました。
 口の中で、冷っとした次の瞬間、とろけて行くような食感でした。

 焼きボタン、三田牛の刺身、どちらも初めて食べたのですが、店内突入は正解でした。

 約束の14時過ぎまで、飲んで食べて、思わぬ武田尾を楽しませてもらいました。

 店を出た後、武田尾温泉の旅館の周囲を散策し、女性陣は足湯を楽しんで、
秋の一日を過ごしました。

 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像


 
画像



 もっと寒くなって、雪が降る頃に、又、来たいと思いました。
 焼きボタン、三田牛と出会いに。

 

 
 、


 
 


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

さわちゃん
2010年11月12日 17:11
焼ぼたん・牛刺・軍鶏、至福のひとときでした。
また行きたいですね~♪

この記事へのトラックバック